MENU

市民講座

第120回日本外科学会定期学術集会 第46回市民講座(web開催)

日時 2020年8月13日(木曜日)
テーマ 手術でしか救えない”命”と向き合う~外科医療の未来~
開催形式 WEB配信
※8月13日(木曜日)から本ページにて配信いたします。

プログラム

司会:岩瀬 惠子(アナウンサー)

開会の言葉

北川 雄光(慶應義塾大学外科学(一般・消化器)教授/第120回日本外科学会定期学術集会 会頭)

1.重症外傷手術 ー命をつなぐ至高の技ー

松本 尚(日本医科大学救急医学教授、日本医科大学千葉北総病院救命救急センター長)

2.身体に優しい最新の心臓血管手術で命を救う

志水 秀行(慶應義塾大学外科学(心臓血管)教授)

3.小さな赤ちゃんに対する肝移植:世界中の病気のこども達を助けよう

笠原 群生(国立成育医療研究センター臓器移植センター長)

4.患者らしくではなく、あなたらしく生きるいのちを支える手術ーサバイバーシップの観点からの乳房手術ー

山内 英子(聖路加国際病院乳腺外科部長)

5.がんと向き合うとは?:胆道がんに対する超高難度・高侵襲手術から考える

阿部 雄太(慶應義塾大学外科学(一般・消化器)専任講師)

6.外科医を取り巻く問題と将来展望

森 正樹(九州大学消化器・総合外科教授、一般社団法人日本外科学会理事長)

参加申込

参加登録は不要ですので、どなたでもご視聴いただけます。

このページの先頭へ