TOP > 各種資格 > 新専門医制度 > 新専門医制度における外科サブスペシャルティ6領域との連動研修について
 新専門医制度における外科サブスペシャルティ6領域との連動研修について
 
新専門医制度における外科サブスペシャルティ6領域との連動研修について
 
 2018年4月から開始されました新専門医制度におきましては、会員の皆様に多大なるご支援とご理解を賜っておりますこと、あらためまして厚く御礼を申し上げます。
 
 日本外科学会が構築・運営して参りました外科専門医制度では、外科専門医直結のサブスペシャルティ6領域(消化器外科,心臓血管外科,呼吸器外科,小児外科,乳腺,内分泌外科)と密に連携を行い、連動研修の制度設計を進めて参りました。
 しかしながら、2019年3月22日開催の厚生労働省の「医道審議会医師分科会医師専門研修部会」におきまして、日本専門医機構から厚生労働省への必要情報の提供が不足しているという指摘のほか、連動研修に際しての基盤領域における研修の質の担保への疑義や、連動研修によって一部医療機関に専攻医が集中するのではないかという懸念などが呈され、正式に2019年4月からの連動研修の認定は見送られる決定がなされました。
 これを受けまして、日本専門医機構からは「基本領域とサブスペシャルティ領域との連動研修について」という声明文が公開されています。
 これらを受けまして、日本外科学会は外科専門医直結のサブスペシャルティ6領域との密な連携を継続し、日本専門医機構及び厚生労働省より連動研修が正式に認定された時点で、過去の研修履歴やNCDデータなどに基づいてサブスペシャルティの研修も遡って認定する「柔軟な対応」を採ることと致しました。新専門医制度にて研修中の専攻医におかれましては、予定どおりカリキュラム制によるサブスペシャルティ連動研修を継続いただきますようお願い申し上げます。
 なお、日本外科学会は日本専門医機構および厚生労働省へ適切な情報提供を行うと共に、国民の皆様、そして日本の医療を支えるすべての皆様の声に真摯に耳を傾けながら、「質の高い専門医育成のためのより良い制度」構築を目指してなお一層の努力をして参りますので、引き続きご理解とご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
 
  2019年4月
 
一般社団法人日本外科学会
理事長 森  正樹
外科関連専門医制度委員会
委員長 北川 雄光
専門医制度委員会
委員長 小寺 泰弘