TOP > 各種資格 > 新専門医制度 > 新専門医制度の外科専門医更新基準と専門医共通/外科領域講習について
 新専門医制度の外科専門医更新基準と専門医共通/外科領域講習について
 
新専門医制度の外科専門医更新基準と専門医共通/外科領域講習について
 
日本外科学会会員の皆様へ
 
 この度の新専門医制度発足に際しましては、会員の皆様に多大なるご支援とご理解を賜っておりますこと、あらためまして厚く御礼を申し上げます。
 本年2月に、外科領域の専門医更新基準が日本専門医機構に承認されました。この更新基準に基づき、現在の日本外科学会認定の外科専門医を、日本専門医機構認定の外科専門医に移行する措置は、平成29(2017)年度から随時行うことになっておりますので、具体的な手順やスケジュールなどにつきましては鋭意準備を進めているところでございますが、あらかじめ更新基準と申請書の様式見本を以下に掲載させていただきます。ご高覧のほどよろしくお願い致します。
 また、更新基準のうちの必須単位(50単位)に該当する専門医共通講習と外科領域講習につきましては、第116回日本外科学会定期学術集会(平成28年4月14~16日開催)のプログラムをもって充当できるように、澤芳樹会頭と協議の上で日本専門医機構に申請を行っているところでございます。現時点では以下に挙げたとおりに予定しておりますので、こちらもご高覧のほどよろしくお願い致します(予定が変動した場合は何卒ご容赦ください)。
 
<外科領域専門医更新基準の承認について:日本専門医機構>(PDF)
<新専門医制度における外科専門医更新基準>(PDF)
<外科専門医更新申請書様式(見本)>(PDF)
<第116回定期学術集会における専門医共通講習/外科領域講習(案)>(PDF)(終了しました)
 
 
 
平成28年3月
 
一般社団法人日本外科学会
理事長 國土 典宏
副理事長/専門医制度委員長 北川 雄光
理事/専門医制度副委員長 森  正樹
 
→現行の外科専門医から日本専門医機構認定専門医への移行手続きは当面行わないことになりました。詳細は「外科専門医制度に関する重要なお知らせ」(2016年8月1日付)をご覧ください。