TOP > 各種資格 > 新専門医制度 > 外科専門研修プログラムの進捗状況について(平成27年7月時点)
 外科専門研修プログラムの進捗状況について(平成27年7月時点)
 
外科専門研修プログラムの進捗状況について(平成27年7月時点)
 
日本外科学会会員の皆様へ
 
 この度の新専門医制度発足に際しましては、会員の皆様に多大なるご支援とご理解を賜っておりますこと、あらためまして厚く御礼を申し上げます。
 さて、日本外科学会が中心的な役割を担っております日本専門医機構(以下、機構)の外科領域研修委員会(プログラム整備基準、モデルプログラム策定を担当)からすでに機構に提出したモデルプログラム案に関して、機構より重大な修正要求があり、モデルプログラムの公開が予定より大幅に遅れておりますこと心よりお詫び申し上げます。現行のシステムにおいて認められている初期臨床研修期間中のNCD登録症例の診療実績としての認定や、外科専門研修中のサブスペシャルティ領域のNCD登録症例のサブスペシャルティ研修診療実績としての認定について、機構が難色を示し、現在この点について議論を行っています。NCDを基盤として基本(外科)領域、サブスペシャルティ領域が連動して一体となった効率の良い研修システムを堅持すべく交渉を進めております。経過につきましては、その都度、日本外科学会ホームページにて公開して参りますので、ご理解のほどよろしくお願い致します。
 
平成27年7月
 
一般社団法人日本外科学会
理事長 國土 典宏
副理事長/専門医制度委員長 北川 雄光
 
【日本専門医機構による今後の予定】
2015年
 
8月
モデルプログラムの承認
 
 
9月中
各領域で説明会の開催
 
 
10月~
プログラム申請書の受付
2016年
 
3月
提出されたプログラムの承認
 
 
4月~
プログラムの公布
 
9月
専攻医の公募
 
 
10月~
一次選考(その後二次,三次選考の可能性あり)
 
参考資料として、現時点の“プログラム申請書類(仮)” (PDF)を公開致しますので、適宜ご準備をお進めください。
 
<専門研修プログラム申請書(案)>
<専門研修連携施設概要(案)>
<別紙1:研修プログラム管理委員会の構成員の氏名等(案)>
<別紙2:専門研修施設群の構成(案)>
<別紙3:専門研修プログラム統括責任者履歴書(案)>
<別紙4:専門研修指導医の氏名等(案)>
<別紙5:専攻医募集定員計算シート(案)>
申請受付のお知らせをご覧ください。