TOP > その他の情報 > お知らせ > 結果報告:全国外科医仕事と生活の質調査
 結果報告:全国外科医仕事と生活の質調査
一般社団法人日本外科学会
 会員各位
 
一般社団法人日本外科学会
理事長 渡邉 聡明
外科医労働環境改善委員長 松居 喜郎
男女共同参画委員長 中村 清吾
 
結果報告:全国外科医仕事と生活の質調査
 
 外科医として奮闘している多くの医師のため、また新たな世代に、希望を持って外科医を目指していただけるよう、ワークライフバランスの改善に向けて、平成26年7月~8月に実施した「全国外科医仕事と生活の質調査」の集計結果を掲載致します(回答率20.8%)。
 アンケートにご回答いただきました先生に厚く御礼申し上げます。
 
 なお、分析担当の川瀬和美正会員(東京慈恵医科大学)がSurgery Todayに調査結果の詳細な解説を執筆しておりますので(Part1(Working style):DOI 10.1007/s00595-017-1556-0、Part2(personal life):DOI 10.1007/s00595-017-1586-7)、ご参照ください。