TOP > その他の情報 > お知らせ > 手術・処置の休日・時間外・深夜加算に掛かる施設認定条件緩和のお願い
 手術・処置の休日・時間外・深夜加算に掛かる施設認定条件緩和のお願い
平成27年12月17日
厚生労働大臣 塩崎 恭久 殿
厚生労働省医政局長 神田 裕二 殿
厚生労働省保険局長 唐澤 剛 殿
 
外科関連学会協議会
座長 富永 隆治
 
手術・処置の休日・時間外・深夜加算に掛かる施設認定条件緩和のお願い
 
 平成26年度診療報酬改定では外科医の労働環境改善の一策として、手術・休日・時間外・深夜新規加算および施設認定基準を設定していただき真にありがとうございました。施設認定を取るために労働条件を改善すること、および加算による増収を当該医師に手当てするという骨子は極めて理に適ったものであり、外科医の労働環境改善に大いに役立つものと考えられました。しかし、我々が行ったアンケート結果では施設認定要件があまりにも厳しく、わずか12%の病院が施設認定を受けている状況でした。施設認定が取れる状況にないとした施設が80%、さらに、憂慮すべきは44%の施設(300床以下の病院では54%)が「取れる状況になく、改革するつもりもない」と回答していることです。また、常勤外科医数からみても、少人数の施設が明らかに不利な施設条件となっており、外科医間に不公平感を生じる結果ともなっております。優れた制度も利用されなければ意味はありません。施設認定基準をあまりにも緩くすると当初の目的から外れてしまうことも考慮した上で、<1>病院単位での年12回の例外措置を診療科毎とする、および<2>術者と第一助手が対象のところを術者のみにする、の2点の条件緩和をお願いいたします。外科医の過重労働は手術時医療事故の大きな要因であります。患者さんの医療安全上からも何卒よろしくご高配のほどお願いいたします。
 
一般社団法人日本外科学会
理事長 國土 典宏
 
一般社団法人日本肝胆膵外科学会
理事長 宮崎 勝
 
特定非営利活動法人日本気管食道科学会
理事長 桑野 博行
 
一般社団法人日本救急医学会
代表理事 行岡 哲男
 
特定非営利活動法人日本胸部外科学会
理事長 大北 裕
 
特定非営利活動法人日本血管外科学会
理事長 宮田 哲郎
 
特定非営利活動法人日本呼吸器外科学会
理事長 奥村 明之進
 
一般社団法人日本消化器外科学会
理事長 瀬戸 泰之
 
特定非営利活動法人日本小児外科学会
理事長 黒田 達夫
 
一般社団法人日本静脈経腸栄養学会
理事長 東口 高志
 
特定非営利活動法人日本心臓血外科学会
理事長 上田 裕一
 
一般社団法人日本大腸肛門病学会
理事長 楠 正人
 
特定非営利活動法人日本頭頸部外科学会
理事長 北野 博也
 
日本内分泌外科学会
理事長 松田 公志
 
一般社団法人日本乳癌学会
理事長 中村 清吾
 
一般社団法人日本腹部救急医学会
理事長 平田 公一
 
公益社団法人日本麻酔科学会
理事長 外 須美夫
 
日本Acute Care Surgery学会
理事長 益子 邦洋