TOP > その他の情報 > お知らせ > 「日本外科学会合同委員会による腹腔鏡下手術における医学的検証・調査、評価報告書」に関するおしらせ
 「日本外科学会合同委員会による腹腔鏡下手術における医学的検証・調査、評価報告書」に関するおしらせ
平成27年4月15日
 
会員各位
 
一般社団法人日本外科学会
理事長 國土 典宏
医療安全管理委員長 松原 久裕
合同委員会担当理事 渡邉 聡明
 
「日本外科学会合同委員会による腹腔鏡下手術における医学的検証・調査、評価報告書」に関するおしらせ
 
 本学会は、千葉県がんセンターにおいて腹腔鏡下手術を受けて死亡した事例について、千葉県の設置した「第三者検証委員会」より医学的・専門的観点から行った調査・検証の依頼を受け「千葉県がんセンター腹腔鏡下手術の評価に係る合同委員会」(以下、「合同委員会」という)を設置しました。
 今回、合同委員会が行った調査・検証結果をとりまとめて「第三者検証委員会」に報告した報告書の概要を、この調査・検証によって明らかとなった高難度腹腔鏡下手術等の先駆的取り組みを使命とする際の組織のあり方を含め、今後より安全な取り組みがなされるよう会員の医療安全に関する再発防止に資するため連絡することと致しました。
 上記の「第三者検証委員会」に報告した報告書の概要、医療安全通知資料ならびに報告書の抜粋につきまして本学会ホームページ、「医療安全管理委員会からのお知らせ」に掲載します。
 
 
2.医療安全情報(PDF)