TOP > その他の情報 > お知らせ > 社会保障制度改革国民会議宛意見(平成25年5月14日)
 社会保障制度改革国民会議宛意見(平成25年5月14日)
 
社会保障制度改革国民会議宛意見(平成25年5月14日)
 
 社会保障制度改革国民会議の審議のための意見募集
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kokuminkaigi/iken.html)(外部リンク)に対して、以下の如く、意見を提出致しましたのでお知らせいたします。
 
―――――――――――――――――――――――――
 
一般社団法人日本外科学会
「特定行為に係る看護師研修制度の早期法制化を」
 
 社会保障制度改革推進法第六条の一にあります、“医療従事者、医療施設等の確保及び有効活用等を図ることにより、国民負担の増大を抑制しつつ必要な医療を確保すること”に関連して意見を述べます。
 厳しい財源の中で超高齢化社会を迎える今日、医療における改革は待ったなしの状況にあります。財源のみではなく、人的資源(マンパワー)も有限で、医師法や保健師助産師看護師法が成立した昭和23年と比較して、高度複雑多様化した現代の医療現場に、国民皆保険を堅持しつつ安全で安心な医療を国民に提供するためにはこの有限のマンパワーの有効活用を可能とするような改革が急務です。
 減少の一途を続け絶滅危惧種と言われてきた外科医の数も平成22年、24年の最近2回の診療報酬改定での手術手技料の大幅アップにより、若干の増加傾向を認めております。手術や当直に対する手当を支給する施設も少しずつ出てくるようになりましたが相変わらず病院経営は厳しい状態です。また日本外科学会では平成19年、23年、24年の3回、外科医労働環境アンケート調査を行ってまいりましたが、この間、労働時間は週77時間から78時間と全く変化なく過労死レベルを超えたままですし、20代、30代の外科医ではゆうに90時間を超えた状態が続いています。当直明けの手術も“いつもある”、“しばしばある”を合わせた割合が57%から61%にむしろ増加傾向にあり医療安全上も大きな問題であり、手術中は外科病棟は外科医不在の状態になり、術後患者への対応は早朝あるいは夕方以降になることを意味しております。
 このような事態は、業務量の増大に関わらず外科医数は増大していない状況のみで引き起こされているわけではありません。業務量=手術(外科医でなければなしえない業務)+周術期管理(必ずしも外科医でなくても可能な業務)と言う関係の中で、
 欧米では周術期管理を担当するNP(nurse practitioner)やPA(physician assistant)のような中間医療職(非医師診療師non-physician clinician; NPC)が存在し、手術数=外科医数と言う関係が成立し、外科医は外科医でしか成し得ない業務に専念できるのに対して、
 わが国ではそうした中間職種が存在しないことから医師があらゆる業務を行わなければならず、外科医は大きな負担を強いられています。従って、単に医師の絶対数を増やすことでは日本の外科医の抱えている問題の抜本的な解決策とはならないのです。
 平成21年3月に当時の麻生内閣の経済危機克服のための「有識者会合」で聖路加国際病院理事長の日野原重明氏が、“医師不足対策への対策の誤りを指摘する”“医師不足への私案”として、医師の了解のもとでの看護師等への役割拡大の必要性を述べられたのを契機に厚生労働省で検討の始まった会議は、合計で60回を数える熟議の末に、去る3月29日にようやく特定行為に係る看護師研修制度(案)がまとまるに至りました。
 私ども日本外科学会といたしましては、
 厚生労働省の指定研修を受けた看護師(特定看護師(仮称))が、医師の包括的指示の下、診療の補助のうち、実践的な理解力、思考力及び判断力を要し、かつ高度な専門知識及び技能をもって行う必要のある行為を、保助看法において明確化し、医療の質と安全を担保した上でその役割を担うことにより、国民に良質な医療がタイムリーに提供され、外科医の過重労働も改善されることを強く望んでおり、一日も早く本制度が法制化されることを要望いたします。
 
  平成25年5月14日
 
 
 
 
              一般社団法人日本外科学会
 
 
理事長
國土 典宏
理 事
坂井 義治
東京大学大学院肝胆膵外科学 ・教授
京都大学大学院消化管外科学・教授
副理事長
澤  芳樹
理 事
杉原 健一
大阪大学大学院心臓血管外科学・教授
東京医科歯科大学大学院腫瘍外科学・教授
理 事
池田  正
理 事
瀬戸 泰之
帝京大学医学部外科・教授
東京大学大学院消化管外科・代謝内分泌外科学・教授
理 事
岩中  督
理 事
土岐祐一郎
東京大学大学院小児外科学・教授
大阪大学大学院消化器外科学・教授
理 事
金子 公一
理 事
富永 隆治
埼玉医科大学国際医療センター呼吸器外科・教授
九州大学大学院循環器外科学・教授
理 事
北川 雄光
理 事
仁尾 正記
慶應義塾大学医学部外科・教授
東北大学大学院小児外科学・教授
理 事
桑野 博行
理 事
平田 公一
群馬大学大学院病態総合外科学・教授
札幌医科大学第1外科・教授
理 事
後藤 満一
理 事
前田耕太郎
福島県立医科大学臓器再生外科学・教授
藤田保健衛生大学医学部下部消化管外科・教授
理 事
古森 公浩
理 事
松居 喜郎
名古屋大学大学院血管外科学・教授
北海道大学大学院循環器・呼吸器外科学・教授
理 事
近藤  丘
理 事
松原 久裕
東北大学加齢医学研究所呼吸器外科学・教授
千葉大学大学院先端応用外科学・教授