TOP > 発行雑誌・研究・教育 > 指針など > ご遺体(Cadaver)を使った手術手技研修の実施についての説明会
 ご遺体(Cadaver)を使った手術手技研修の実施についての説明会
 
ご遺体(Cadaver)を使った手術手技研修の実施についての説明会
 
 我が国の現行法では、ご遺体(Cadaver)を医学教育目的である解剖実習以外の研修などに利用することについて、その明確な指針などがないため、たとえ医療上の有用性が認められる研修などであっても、違法性が問われる可能性がありましたが、平成24年に日本外科学会と日本解剖学会の合同で「臨床医学の教育及び研究における死体解剖のガイドライン」が公表され、それまで学生実習や解剖学研究に限定されていた献体使用が、医師及び歯科医師の手術手技研修等にも可能となりました。昨今、高難度手術の医療事故対策として、病院組織のガバナンスの強化が図られていますが、その一方で、病に悩む患者に対して、新たな治療法の開発は必須であり、次世代の外科医の養成も必要です。
 臨床医学における献体使用は、高度で安全な医療技術の普及のための外科教育、難治性の疾患に対する新たな治療法の開発のみならず、医療機器開発の推進による産業の育成も期待できる新たなアプローチであります。また、研修医、医学生等に対する手術手技研修の充実は、減少を続ける外科医対策として極めて重要です。臨床医学の献体使用は我が国の医療を大きく進化させるものですが、その実施には、献体に関わる事業費、手術機器等の購入費、学生の解剖学実習に支障を来たさないための専用施設の整備などが必要です。本来は研修医、医学生の教育に責任を持つ、医学部を持つ大学は全大学で実施できるような体勢を整えるべきと考えます。
 この度、平成30年度予算政府案のカダバーサージカルトレーニングに関する事業予算(実践的な手術手技向上研修事業)が2億9,500万円の予算が付いたことから、これを有効に使うためにも、厚生労働省と協議しましたところ、全国の大学の実務担当者向けの「ご遺体(Cadaver)を使った手術手技研修の実施についての説明会」を第118回日本外科学会定期学術集会と、第91回日本整形外科学会学術総会にて、行う運びとなりました。
 つきましては、本年4月から5月にかけて、2回に亘って約1時間の説明会を開催しますので、ご希望の場合はいずれかにご参加くださいますようご案内いたします。
 
平成30年3月
 
京都大学呼吸器外科
教授 伊達 洋至
(献体による効果的医療技術教育システムの普及促進に関する研究班 班 長)
(一般社団法人日本外科学会CST 推進委員会 委員長)
 
 
 
 
 
 
ご遺体(Cadaver)を使った手術手技研修の実施についての説明会
 
<1>
4月7日(土) 12時30分~13時30分
多数の皆様にご参加いただき、盛会のうちに終了することができました。ありがとうございました。
第118回日本外科学会定期学術集会(第3日目)
場所:東京国際フォーラム ガラス棟4F G402
申し込み締切日:4月2日(月) 先着80名
備考:
第118回日本外科学会定期学術集会に出席しない場合は、総合受付を通らず、そのまま会場までお越しください。
プログラム:
Cadaver Surgical Trainingについて(5分)・・・伊達洋至(京都大学呼吸器外科)
CSTの歴史と申請書に関する説明(15分)・・・・堀岡伸彦(厚生労働省)
解剖学教室の立場から(10分)・・・・・・・・・渡辺雅彦(北海道大学解剖発生学)
北海道大学での事例(15分)・・・・・・・・・ 七戸俊明(北海道大学消化器外科)
質疑応答(15分)
同日の10時~12時には、第118回日本外科学会定期学術集会で「ワークショップ:外科領域における献体使用の現状と展望」を開催します(第6会場;ホールB5(2))。
 
<2>
5月24日(木) 18時15分~19時15分
第91回日本整形外科学会学術総会(第1日目)
場所:神戸ポートピアホテル 南館B1F ルビー
    (三宮駅より無料シャトルバス15分、新神戸駅より無料シャトルバス25分)
申し込み締切日:5月15日(火) 先着80名
備考:
第91回日本整形外科学会学術総会に出席しない場合は、総合受付を通らず、そのまま会場までお越しください(「ルビー」以外の会場にはお入りいただけませんのでご留意ください)。
プログラム:
Cadaver Surgical Trainingについて(5分)・・七戸俊明(北海道大学消化器外科)
CSTの歴史と申請書に関する説明(15分)・・・堀岡伸彦(厚生労働省)
実践的な手術手技向上研修事業に関する評価会議の立場から(10分)
・・・小林英司(慶應義塾大学医学部ブリヂストン臓器再生医学寄附講座)
千葉大学での事例・解剖学教室の立場から (15分)
・・・・・・・・鈴木崇根(千葉大学環境生命医学)
質疑応答(15分)
同日の16時45分~18時05分には、第91回日本整形外科学会学術総会で「シンポジウム:カダバー研修の現状と今後の展望」を開催します。
 
○下記から所定フォームをご使用の上、FAXまたはメールにてお申し込みください。
日本外科学会事務局 第一事業課 担当者:金子まで
E-mail: kaneko@jssoc.or.jp FAX: 03-5473-8864
(問合せ電話番号は 03-5733-4094 ですが、電話での参加申込はお受けしておりません)
 
【参加申込書】
 
【説明会会場地図】