TOP > 事業内容 > 日本外科学会について > 日本外科学会の概要
 日本外科学会の概要
名称 一般社団法人日本外科学会(Japan Surgical Society)
創立 明治32年4月1日
設立登記 平成24年3月1日
目的 外科学に関する会員相互ならびに内外の関連学術団体との研究連絡、知識の交換、提携の場となることを通して外科学の進歩普及に貢献するための事業を行い、学術文化の発展と外科医療の向上に資することで国民の健康と福祉に寄与すること
 
事業 1)会員の研究発表会、学術講演会等の開催
    2)機関誌、論文図書等の刊行
    3)内外の関係学術団体との連絡及び提携
    4)外科学に関する研究及び調査
    5)外科専門医の育成と専門制度の運用
    6)優秀な業績の表彰
    7)生涯学習活動の推進
    8)外科診療に関する情報や指針の提供
    9)国民に対する外科医療の情報提供と啓発
    10)医療政策に関する建議
    11)その他目的を達成するために必要な事業
理事長
(President;代表理事)
森 正樹(大阪大学大学院消化器外科学)
副理事長
(Vice President;代表理事)
渡邊 昌彦(北里大学医学部外科)
会員数* 39,945名(うち医師39,943名)
役員数 理事(Director)20名(理事長・副理事長を含む)/監事(Auditor)3名
代議員(Councilor)数 348名
機関誌 「日本外科学会雑誌」(和文、明治32年創刊、8回/年発行)
    「Surgery Today」(英文、昭和45年4月創刊、12回/年発行)
    「Sugical Case Reports」(英文、平成27年1月創刊、電子媒体のみ)
認定資格* 外科専門医23,102名/認定医24,113名/指導医7,168名/認定登録医3,126名
    外科専門医修練施設1,233/関連施設1,037
年会費 10,000円
所在地 〒105-6108 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル8階
TEL 03-5733-4094
FAX 03-5473-8864
事務局長 上沢 貴宏(常勤職員16名)
 (*:2018年1月31日現在)